開発・実験記事一覧

PLAの普及を阻んでいる要因の一つに結晶化速度の遅さがあります。PLAは射出成型でも使用されます。成型後は通常非晶状態になっていますが、ガラス転移点以上の温度で加熱することで結晶化させることができます。PLAは結晶化後させることで耐熱性、耐...
PLAの脆さの改善の一つとして、違う樹脂を混ぜてブレンドする方法があります。軟質樹脂を混ぜることで、硬いPLAが柔らかくなります。身近にあるやわらかいものでは、ゴムがすぐに思いつきます。ただし、単純に輪ゴムに代表されるような天然ゴムとPLA...
コンパウンド検討で物性面からはPLA/PBSはPLAより改善効果があることがわかったので、実際にPLA/PBSペレットをフィラメントに引いて、3Dプリントしてみることにしました。PLA/PBS フィラメント加工PLA/PBSペレットを押出機...
プラスチックの成形加工では樹脂の事前乾燥は必須です。乾燥しないと水分が水蒸気ガスになり、成型品の外観が悪くなったり、流動性が悪くなったりします。数あるプラスチックの中でも、PLAは吸水に対してかなり敏感であると言われています。PLA成形加工...
フィラメントは長期間大気に触れると吸水してしまい、造形時にブツブツになったり、ノズルが詰まったりします。【PLA吸水率検討参照】一旦吸水してしまったフィラメントを何とか復活する方法はないかということで、フードドライヤーで乾燥機を作ってみまし...
かねてからほしいと思っていた耐熱剛性PLAを手に入れました。耐熱160℃、耐衝撃PLA比4倍、成形収縮がPLA比1/2!スペックだけ見ると3Dプリント用には最強のPLAです。これはぜひ3Dプリントしてみたい!ということでフィラメントに引いて...
PLAは一般的に塗料との相性が良くないといわれています。実際に塗装密着性について調べてみました。前に作った耐熱剛性PLA(フィラー充填)がどうなのか、ふと気になりましたので、一般のPLAと、耐熱剛性PLAで比較してみました。PLA塗装品 碁...
樹脂全般に言えることですが、特にPLAはわずかでも水分が残っていると押出加工した際に不具合が起きやすいです。フィラメントの加工中に、あやまって乾燥が不十分なペレットを追加投入してしまったのが下の写真です。押出機からの吐出が急に不安定になり、...
LXP1、LCT37F、LFY3Mなどのフィラメントでの造形品は加熱処理を行うことで耐熱性を向上させることができます。一般PLAは耐熱約55度で、これを超えると軟化して形状が崩れてしまいますが、アニール処理を行った造形品は高温下でも形状を保...
これまで色がついていないベース樹脂ばかりフィラメントを作ってきたのですが、加工条件が確立してきてフィラメント径も安定してきました。そこで、次のステップとしてフィラメントに色をつけてみることにしました。樹脂の着色方法大きく分けて樹脂に着色する...
前から試してみたかったことの一つに3Dプリント樹脂型での射出成型があります。ある時、グルーガンを使って簡易の人力射出成型をやっている動画を見かけました。いくつか動画があったのですが、アルミ金型かアクリル切削型を使っていました。もしかしてアク...
3Dプリントモールドでの射出成型がうまくいき、だいたい理屈がわかってきたので次のステップとしてインサート成形にチャレンジしました。インサート成形とは、金型内に金属部品をセットし、金型に樹脂を注入することで金属と樹脂が一体になった部品を作る方...
Nature3Dで販売しているフィラメントリフィル用スプールのデータです。市販フィラメントを小巻にしたり、フィラメント乾燥をかけた後に外してコイル状態で密封保管することもできます。Simple Filament Spool v5φ80コイル...
LFY3Mを型として使う際に思いついたものの1つに低融点金属の鋳造があります。LFY3Mは耐熱140℃となっていますが、これは荷重たわみ温度としての数値で、荷重がかからない鋳造ならPLAの融点である160℃近くまで耐えられます。理屈上はいけ...
フェライト粉とプラスティを混練してプラスチックマグネットを作ってみました。フェライト粉(異方性、未着磁)混合比率は重量比でフェライト8、プラスティ2としました。フェライト80%での混練です。かなりフェライト量が多めですが、どこまでならうまく...
2016年から木質フィラメントを作る検討を行っていたのですが、この際にどうしても木粉と樹脂、あるいは木粉添加マスターバッチと樹脂を混練する必要がありました。この混練造粒がどうしても手間でなかなか検討が進まず、どうしても二軸押出機で混練を行う...
どうもフィラメント送りと樹脂吐出の追従が悪くなってきているような傾向が見られたため、ドライブギヤを交換することにしました。使っているMeCreator2にはもともと真鍮の平歯のドライブギヤがついています。同じものを買ってもよかったのですが、...
PLAの3Dプリント造形品をアニール処理すると収縮が発生します。これはPLAポリマーの結晶化によるものです。造形時にPLAはアモルファス状態になっていますが、アニールでの熱エネルギーを受けて結晶化します。このときにPLAの分子が折りたたまれ...
導電性フィラメントで非接触式静電容量式センサを作ってLED調光をやってみました。参考にしたのはこちらのサイト。Arduino Tutorial: Capacitive Touch Sensorsつなげる抵抗によっていろいろ変わってくると書い...