最新記事

3Dプリンタ吐出の樹脂流動シミュレーション

最近は3Dプリンタにおける樹脂の流れ解析でもシミュレーションが使われています。3Dプリンタはノズルの中が見えない、動きが速い、クリアランスが狭いなどの理由で直接樹脂の動きを見ることが困難ですが、シミュレーションを通して樹脂がどう流れているか...

3Dプリンタで起きる糸引きについて考える

3Dプリンタで飛び石の造形を行うとき、糸引きがしばしば問題になります。糸引きのメカニズムについてはっきり書かれている文献はなかなか見つかりませんが、原理から考えるとおそらく高分子鎖の絡み合いに関係するものと思われます。ノズル先端に付着した樹...

プラスチック製品のアニール処理について改めて整理する

プラスチック製品の加工において、よく「アニール処理」という言葉がでてきます。アニールというのは日本語でいうと「焼きなまし」で、主に鋼の熱処理からきている用語です。これにならって、比較的低温でプラスチック製品を加熱する方法をアニール処理と呼ん...

造形品内部に欠陥はどれくらいできている?

3Dプリンタ造形でボイド(欠陥)がどれだけ含まれるかは、条件付きであれば簡単に算出することができます。ビード形状が幾何学的に単純な長方形と円弧で成り立っていて、造形条件などは考慮しないという前提です。実際には造形条件でビード形状は影響を受け...

樹脂はい上がりによる3Dプリンタの詰まり

3Dプリンタでは樹脂がヒートブレイクを超えて出てくると、冷却ができなくなって詰まりになります。この樹脂がはい上がるモードの詰まりはどうやって起こるのでしょうか?先にご紹介した「3Dプリンタでのノズル内壁とフィラメントのギャップの埋まり方」の...

3Dプリンタでのノズル内壁とフィラメントのギャップの埋まり方

3Dプリンタではノズルやバレルとフィラメントの間にはギャップがあります。ギャップの大きさは1.75mmのフィラメントで約0.2mm程度です。このギャップはフィラメントの搬送を容易にする役割をしています。ギャップがあるためにスプールからホット...

3Dプリンタのフィラメント溶融モデル

3Dプリンタでフィラメントの溶融はFFFプロセスの中心的な要素です。ところが意外なことに、FFF式3Dプリンタが登場してから何十年も経つにもかからわず、いまだに中核となるフィラメントの溶融と樹脂流動のメカニズムについてはよくわかっていません...

3Dプリンタにおける樹脂冷却の際の挙動

3Dプリンタでは、樹脂がどう冷却されるによって造形品の強度や信頼性などが決まってきます。ところがこのあたりは様々な現象が関係しており複雑で、多くは個人の感覚に頼っています。樹脂が冷え固まるまでにどういう動きをしているか頭に入れておくと、条件...

栓流(プラグフロー)とは?

栓流(プラグフロー、プラグ流れ:Plug flow)とは、管内断面で速度が一定、速度分布がフラットな流れのことです。円管内の壁面で完全に滑っていて、全体がそのままの形で一様に動いている流れが栓流です。栓流は隣接する流線と流線の間でせん断を伴...

高生分解性 酢酸セルロースフィラメント C38TS

高生分解性 酢酸セルロースフィラメント C38TS(リフィル用) ¥2,780 (税込)●色:白●長さ:65m●質量:約250g●コイル外径:155mm●コイル幅:23mm●コイル内径:80mm3Dプリントスプールにセットしてお使いいただけ...

 

もっと深堀り!お役立ち3DプリンタTipsスライド集

 


深い部分の3Dプリンタについて理解したい方向きのTipsスライド集です。

 

他では手に入らないオリジナル3Dプリンタ用フィラメント

圧倒的木質感を出せる 木粉高充填PPフィラメント W418

 

サクサク削れて接着できる140℃耐熱PLAフィラメント LFY3M

 

ガラス繊維強化PLAフィラメント LFG30(高強度、耐熱160℃)

 

特殊フィラメントに注力して作っています

 

フィラメント無料配布やってます

フィラメント無料配布サービス レビュー投稿でフィラメントもらえます

ぜひ使ってみて感想を教えてください!