3Dプリンタでのノズル内壁とフィラメントのギャップの埋まり方

ノズルとフィラメントのギャップ

 

3Dプリンタではノズルやバレルとフィラメントの間にはギャップがあります。ギャップの大きさは1.75mmのフィラメントで約0.2mm程度です。このギャップはフィラメントの搬送を容易にする役割をしています。ギャップがあるためにスプールからホットエンドまでのフィラメント送り出しがスムーズにできるわけですが、そのままだとフィラメントを送り込んでも圧力がかからず、樹脂はノズルから出てきません。実際にはフィラメントがノズル内部で溶け、最終的にギャップは溶融樹脂で満たされます。このギャップ部がシールの役割をして圧力がかかることで樹脂が吐出できると考えられています。

 

このギャップを埋めている樹脂は、一部は逆流してヒートブレイク付近で冷やされ、再度フィラメントに引き込まれることで常に循環しています。滞留しているところに熱がかかり続けるため、この部分の樹脂は熱劣化によるノズル内の焦げ付きなど問題を起こすこととがありますが、樹脂を押し出すためには不可欠な要素でもあります。

 

内部で樹脂がどのように溶融して押し出されるか?というのはとても興味があるところですが、ノズルやバレルは金属のために内部を直接見ることはできません。ですが、ガラスのチューブを使って実際にどういう動きをしているか、その場観察した実験結果があります。
In-situ observation of the extrusion processes of Acrylonitrile Butadiene Styrene and Polylactic Acid for material extrusion additive manufacturing

 

この論文ではギャップは図のように3段階で埋められるとまとめられています。

 

3Dプリンタでのノズルとフィラメントのギャップの埋まり方

 

1段階目

フィラメントはスプールに巻かれているため、弓なりの形状でホットエンドに入ります。そのためバレルの壁面にフィラメント部分的に接触し、そこから溶融が始まります(I-1)。溶融するのは最初は点ですが、熱伝導でフィラメントが加熱され、次第に全体が溶融します。Aから始まって内壁に沿って上向きと下向きの両方に広がり、次第にギャップを埋めていきます(I-2)。

 

2段階目

ギャップ部の溶融樹脂は内壁に沿って広がるとともに、フィラメントは固体の状態で溶融樹脂を押しのけながら送り込まれていきます。フィラメントが送られるに伴いギャップの充填量も増えるため、充填の上端はBの位置に上がります(II-1, II-2)。

 

3段階目

やがてフィラメントはノズルの円錐部分に到達します。円錐部分でフィラメントは絞られることになるためさらに大きな抵抗を受けます。この抵抗に打ち勝ってフィラメントを送り出そうとするため、フィラメントにはより大きな力がかかります。この力によってフィラメント先端の固体と液体の境界部分にある樹脂が押しのけられ、ギャップ充填レベルはさらに上がって最終的にCの位置で落ち着くことになります(III-1、III-2)。

 

下が実際の写真です。(a)が色違いをつないだABS、温度230℃、送り速度2.5mm/s、(b)が一本モノのPLA、温度210℃、送り速度1.5mm/sです。特に(a)は興味深い結果です。先に入ったはずの黄色のフィラメントはギャップ部分を埋めることに使われ、後に入れた青と白が混ざって微妙に青みがかった白色としてノズルから吐出されています。送り込んだ分のフィラメントはトコロテンのようにそのまま出てくるわけではないということがわかります。

 

3Dプリンタでのノズルとフィラメントのギャップの埋まり方

 

(a)のABSを押し出したときの動画

 

(b)のPLAを押し出したときの動画

 

この文献から、ギャップ充填レベルはフィラメントの巻きグセで変わる可能性が考えられそうです。ギャップ充填レベルが変わるということは、フィラメントを押し引きした際の樹脂吐出の挙動が変わるということにつながります。スプールの巻外と巻芯では造形の挙動が変わる可能性があるということは頭に入れておくとよいかもしれません。フィラメントの曲率が小さくならないように道中をうまくガイドすることも対策の一つになりそうです。

関連ページ

PLA樹脂のL体とD体について
ガラス転移点の3Dプリンタ向け解説
吸水しにくいフィラメントの選び方
結晶性樹脂と非晶性樹脂の違い 3Dプリンタの観点から
なぜPLAは3Dプリンタで広く使われるのか
PLA樹脂の歴史と現状
ABSとはどのような樹脂なのか 3Dプリンタの観点から
プラスチックの耐熱温度とは何か
PLAの生分解プラスチックとしての誤解
PLA表面処理におけるジクロロメタンの危険性
フィラメントの重さ、長さをWEBで計算
ホットエンドでフィラメント樹脂もれが起きる理由
PLAが加水分解すると3Dプリンタでは何が起きるか
フィラメント交換で3Dプリンタを一時停止させる方法(Simplify3D)
メルトフラクチャの発生原因と対策
世界のPLA(ポリ乳酸)樹脂メーカー
樹脂のコンパウンドとは
PLA樹脂は何に使われている?
PETG樹脂とは? PETGとPETの違い
繊維強化プラスチックの3Dプリント基礎知識
2019年に発生したPLA樹脂の世界的需給ひっ迫について
樹脂の射出グレードと押出グレードの違い
PLA樹脂原料の取り扱い、乾燥、再生に関する基礎知識
3Dプリンタ ダイレクト式とボーデン式の違いは?
3Dプリンタ フィラメントに合ったノズル材質の選び方
3Dプリンタのノズル詰まり 考えられる3つのメカニズム
プラスチックの成形原料「樹脂ペレット」とは?
PLAの生分解メカニズムについて
3Dプリンタ造形中にどんな有害ガスが出るか
3Dプリント造形品のアニール処理で何が改善する?
フィラメントの乾燥で気を付けておきたい3つのこと
3Dプリンタで反りはなぜ起こる?(FDM)
導電性フィラメントとは?
PLA樹脂の結晶化 アニール時に起きていること
FDM式3Dプリンタの分解能の限界はどこにある?
造形品の積層強度は結局どうすれば上げられるのか
なぜこれまで3Dプリンタにはエンクロージャーがなかったのか
PLA樹脂 2021年の展望
3Dプリンタのファーストレイヤーの考え方
クリーニングフィラメントとは?
積層ピッチと造形品強度の関係
フィラメントはどのように量産している?
フィラメント押出量はどう計算されている?
3Dプリンタのビード断面形状を決めているもの
ホットエンドの温度はファンありなしでどう変わるか
3Dプリンタにおける高分子鎖の配向と絡み合いの影響
栓流(プラグフロー)とは?
3Dプリンタにおける樹脂冷却の際の挙動
3Dプリンタのフィラメント溶融モデル
樹脂はい上がりによる3Dプリンタの詰まり
造形品内部に欠陥はどれくらいできている?
プラスチック製品のアニール処理について改めて整理する
3Dプリンタで起きる糸引きについて考える