3Dプリンタのフィラメント溶融モデル

3Dプリンタでフィラメントの溶融はFFFプロセスの中心的な要素です。ところが意外なことに、FFF式3Dプリンタが登場してから何十年も経つにもかからわず、いまだに中核となるフィラメントの溶融と樹脂流動のメカニズムについてはよくわかっていません。

 

FFFでフィラメントがどう溶融するかは昔から研究が行われており、さまざまな研究者の関心を集めてきました。多くの3Dプリンタの論文で引用されているのはBelliniがLiquefier dynamics in fused depositionで2004年に提案した仮説です。Belliniのモデルは、フィラメントがノズルに入った直後に溶融状態になるというものです。Fはエクストルーダーでフィラメントにかかる力、-Uszはフィラメント送り速度です。T0は加熱される前のフィラメントの温度、Tmは溶融温度、Thはヒーター温度を表しています。

 

Belliniのフィラメント溶融モデル

Belliniのフィラメント溶融モデル

 

このモデルでは、溶融部は入口部、円錐部、出口キャピラリー部の3つのゾーンに分かれており、3つのゾーンそれぞれについて計算することで、樹脂をノズルから押し出すのに必要な力が算出できます。実際にBelliniのモデルを使って解析している事例はたくさん見られます。

 

フィラメント溶融について、これが今までのスタンダードの理解だったわけですが、近年Belliniのモデルはフィラメント送り速度が低い場合や、ノズルが長い場合にのみ有効で、実際のプリントに適用できないのでは?という疑問が投げかけられました。そこで提案されたのが、OsswaldがFused filament fabrication melting modelで2018年に発表した仮説です。

 

Osswaldのフィラメント溶融モデル

Osswaldのフィラメント溶融モデル

 

この論文において、Belliniのモデルはノズル通過の際にフィラメントが完全溶融する十分な時間が確保できる場合に限るだろうとしています。フィラメント送り速度でいうと0.25mm/sより低い場合にのみ有効で、プリント速度としてはあまりに低速のため現実的ではないだろうというわけです。

 

Osswaldのモデルではフィラメントは溶融しないままノズル先端まで押し込まれます。フィラメントはノズル円錐部分に押し付けられることで溶融し、溶融樹脂は薄く膜状になった形で広がります(図ではMelt Filmと記載)。このメルトフィルムに圧力がかかることで溶融樹脂は中心に向かって絞りだされ、ノズル出口から排出されます。

 

Belliniのモデルでは力をかければかけるほど樹脂は出やすくなりますが、Osswaldのモデルでは反対で、力をかければかけるほどメルトフィルムが薄くなり、樹脂は出にくくなります。最終的に力をかけても樹脂が送り出せなくなる限界に到達し、これが3Dプリンタで実現できる造形速度の限界になると理解されています。

 

フィラメント送りが高速の場合と低速の場合の比較

Modeling Fused Filament Fabrication using Artificial Neural Networks

 

3Dプリンタでの樹脂の溶融や流動は、現在進行形で理論の構築が進んでいます。今後実験と理論を突き合せることで、さらにFFFプロセスの理解が進んでいきそうです。

関連ページ

PLA樹脂のL体とD体について
ガラス転移点の3Dプリンタ向け解説
吸水しにくいフィラメントの選び方
結晶性樹脂と非晶性樹脂の違い 3Dプリンタの観点から
なぜPLAは3Dプリンタで広く使われるのか
PLA樹脂の歴史と現状
ABSとはどのような樹脂なのか 3Dプリンタの観点から
プラスチックの耐熱温度とは何か
PLAの生分解プラスチックとしての誤解
PLA表面処理におけるジクロロメタンの危険性
フィラメントの重さ、長さをWEBで計算
ホットエンドでフィラメント樹脂もれが起きる理由
PLAが加水分解すると3Dプリンタでは何が起きるか
フィラメント交換で3Dプリンタを一時停止させる方法(Simplify3D)
メルトフラクチャの発生原因と対策
世界のPLA(ポリ乳酸)樹脂メーカー
樹脂のコンパウンドとは
PLA樹脂は何に使われている?
PETG樹脂とは? PETGとPETの違い
繊維強化プラスチックの3Dプリント基礎知識
2019年に発生したPLA樹脂の世界的需給ひっ迫について
樹脂の射出グレードと押出グレードの違い
PLA樹脂原料の取り扱い、乾燥、再生に関する基礎知識
3Dプリンタ ダイレクト式とボーデン式の違いは?
3Dプリンタ フィラメントに合ったノズル材質の選び方
3Dプリンタのノズル詰まり 考えられる3つのメカニズム
プラスチックの成形原料「樹脂ペレット」とは?
PLAの生分解メカニズムについて
3Dプリンタ造形中にどんな有害ガスが出るか
3Dプリント造形品のアニール処理で何が改善する?
フィラメントの乾燥で気を付けておきたい3つのこと
3Dプリンタで反りはなぜ起こる?(FDM)
導電性フィラメントとは?
PLA樹脂の結晶化 アニール時に起きていること
FDM式3Dプリンタの分解能の限界はどこにある?
造形品の積層強度は結局どうすれば上げられるのか
なぜこれまで3Dプリンタにはエンクロージャーがなかったのか
PLA樹脂 2021年の展望
3Dプリンタのファーストレイヤーの考え方
クリーニングフィラメントとは?
積層ピッチと造形品強度の関係
フィラメントはどのように量産している?
フィラメント押出量はどう計算されている?
3Dプリンタのビード断面形状を決めているもの
ホットエンドの温度はファンありなしでどう変わるか
3Dプリンタにおける高分子鎖の配向と絡み合いの影響
栓流(プラグフロー)とは?
3Dプリンタにおける樹脂冷却の際の挙動
3Dプリンタでのノズル内壁とフィラメントのギャップの埋まり方
樹脂はい上がりによる3Dプリンタの詰まり
造形品内部に欠陥はどれくらいできている?
プラスチック製品のアニール処理について改めて整理する
3Dプリンタで起きる糸引きについて考える
3Dプリンタ吐出の樹脂流動シミュレーション