圧倒的木質感を出せて詰まりにくい木粉PPフィラメント W418

木粉PPフィラメントW418コイル巻き 3Dプリントスプール装填時

 

かつてない圧倒的木質感!
プラスチックを感じさせない手触り!
しかも詰まりにくい!

 

木粉52%PPフィラメントW418 造形品

色:ナチュラル、赤(台座)

 

木質フィラメントはウッド感が足りない!よく詰まる!扱いやすくてかつ木質感が出せるフィラメントはないものか…。いろいろ探しても期待に応えてくれるフィラメントはありませんでした。なければ作ろう!樹脂の設計から行い、独自の処方を見出し、2年の開発期間をかけて生み出された新しいタイプのフィラメントです。樹脂をPLAからPP(ポリプロピレン)に変えることで詰まりにくさと高流動を両立させました。木粉高充填で収縮が抑えられているため反りも小さくなっています。一見するとプラスチックとはわからない外観、温かみのある手触りの造形品を作ることができます。

 

木粉52%PPフィラメントW418 造形品

色:ナチュラル、赤(台座)、黒(文字部分)

 

木粉52%PPフィラメント W418 着色品

木粉52%PPフィラメントW418着色品 左から黒、ナチュラル、赤

 

特徴

高い木質感の造形品が作れる
木粉高充填の環境重視設計
木粉比率が高くても高い流動性を持つ
低温造形が可能なため3Dプリンタ稼働中の安全性が高い

 

仕様・推奨条件

型番 W418
材料 木粉52%、改質PP(ポリプロピレン)
フィラメント径 1.75mm
ノズル径 0.4mm以上
推奨プリント温度

ホットエンド:140〜180℃
 (低温側の方がより造形が安定し、木質感が出ます)
ヒートベッド:常温〜50℃

 

ホットエンド下限温度のファームフェア書き換えが
必要になる場合があります。
ホットエンド200℃以上での長時間加熱は避けてください

木粉52%PPフィラメント W418 コイル巻き

木粉52%PPフィラメント W418 コイル巻き