圧倒的木質感を出せて詰まりにくい木粉PPフィラメント W418

圧倒的木質感を出せて詰まりにくい木粉PPフィラメント W418 スプールリフィル用 (65m) 
¥1,780 (税込み)
●色:ナチュラル●長さ:65m●質量:180g●コイル外径:155mm●コイル幅:23mm●コイル内径:80mm
3Dプリントスプールにはめ込んでお使いいただけます。

 

樹脂に木粉が52%添加された新しいタイプの木質フィラメントです。原料選定、配合から検討を行い、2年の開発期間をかけて生み出されました。ベース樹脂に改質PP(ポリプロピレン)を採用することでノズル詰まりを克服し、木粉高充填でも高流動を実現しています。

 

木粉充填による収縮低減により造形時の反りが小さくなっている他、低温でも流動するよう改質したため、木粉熱分解によるこげつき、ヤニ汚れ、アウトガスなどが発生しにくくなっています。ホットエンド温度を下げ目にする必要がありますが、その他はPLAに近い条件で一般的な3Dプリンタでの造形が可能です。

 

積層痕が木彫り調になり、温かみのある手触りの造形品を作ることができます。造形品には木の香りがあるため、香り付きの造形品としてお使いいただくこともできます。

 

技術イベント「NT名古屋2019」にW418を出展させていただき、ご好評をいただきました! NT名古屋2019 Nature3D出展まとめ

 

 

木粉PPフィラメントW418コイル巻き 3Dプリントスプール装填時

 

木粉52%PPフィラメントW418 造形品

 

 

木粉52%PPフィラメントW418 造形品

色:ナチュラル、赤(台座)、黒(文字部分)

 

木粉52%PPフィラメント W418 着色品

W418着色品 左から黒、ナチュラル、赤

 

特徴

高い木質感の造形品が作れる
木粉高充填の環境重視設計
木粉比率が高くても高い流動性を持つ
ノズルが詰まりにくい
低温造形が可能なため3Dプリンタ稼働中の安全性が高い

 

仕様・推奨条件

型番 W418
材料 木粉52%、改質PP(ポリプロピレン)
フィラメント径 1.75mm
ノズル径 0.4mm以上
プリント温度

ホットエンド:140〜180℃
 (低温側の方がより造形が安定し、木質感が出ます)
ヒートベッド:常温〜50℃

 

・ホットエンド下限温度のファームフェア書き換えが必要になる場合があります。
・ホットエンド200℃以上での長時間加熱は避けてください。木粉成分が分解してノズル詰まりの原因になります。

その他 ・リトラクション(フィラメント引き戻し):0〜0.3mm程度。値が大きすぎると吐出が不安定になる場合があります。

・PLA、ABSなどからの樹脂切り替えの場合はノズル温度240℃程度にてW418を手動で押し込み、長めにパージを行ってください(パージが不十分だと吐出が不安定になる場合があります)。

3Dプリント時にフィラメントや造形品が燃えることはありません。

 

木粉52%PPフィラメント W418 コイル巻き

木粉52%PPフィラメント W418 コイル巻き