木質フィラメント W130

概要

PLAをベースとしたポリマーに木粉が20%配合されています。
人工的でない自然な木質感のプリントが可能です。

 

添加材を含め、すべて生分解する材料のみを選定してブレンドを行っています。
石油化学系樹脂不使用のため、微生物によってすべて分解され、自然に還ります。
環境にやさしいエコなフィラメントです。

 

建築材料カット廃材を利用しています。
ボンド等の化学物質は一切含まれていません。

 

W130
材料 PLAベース生分解性ポリマー、木粉20%
フィラメント径 1.75mm
推奨プリント温度

ホットエンド:200℃
(高温にすると詰まりが発生しやすくなります)
ヒートベッド:常温〜40℃

推奨ノズル径 0.5mm
その他

ファーストレイヤーが定着しにくい場合は
造形速度ダウン、ベッド表面の粘着塗布などを
ご検討ください。

巻姿

 

造形例

すべてBS01にて造形。200℃、0.4mmノズル、積層ピッチ0.15〜0.2mm

 

ご注意

・フィラメントがやや折れやすいため、きつく折り曲げたり
 急な衝撃を加えることは避けてください。
・エクストルーダーを停止したまま、ホットエンドを長時間加熱することは
 避けてください。

 

生分解性検証

3Dプリンタで板状試験片を造形し、畑に埋設して変化を継続記録しています。
W130は埋設後2週間でinfillに沿って斑点(練りこまれた木粉)が現れます。
時間を経るごとに斑点の数が増え、斑点の色が白くなっていく様子が見られます。
一方、他社木質フィラメント、プレーンPLAでは外観変化が見られません。
W130は土壌中で生分解が早く進行しているものと考えられ、現在も継続して
記録を行っています。

 

木質フィラメントW130生分解性検証

クリックで拡大

 

埋設場所外観

 

埋設サンプル(トレイに土を敷いた上にサンプルを載せ、深さ約100mmに埋設)

関連ページ

木質フィラメント W305